洗顔料 毛穴

無添加は逆に危険?

 

マナラホットクレンジングゲルは無添加であり、安心して使えると書いてあります。
しかし、「なぜ無添加が安全なの?」
「逆に無添加だと危険なこともあるのではないか?」と疑問に感じ、マナラお問い合わせセンターへメールで問い合わせました。

 

 

 

 

マナラホットクレンジングゲルは7つの無添加とありますが、
  • 着色料
  • 合成香料
  • 鉱物油
  • 石油系界面活性剤
  • エタノール
  • パラベン
  • 紫外線吸収剤

を使うと何がデメリットなのでしょうか?

 

ホットクレンジングゲルにご興味をお持ち頂きまして、ありがとうございます。
マナラでは、化粧品の安全性をもって、製品開発をしています。
7つの無添加で、肌に負担をかける成分は使用せず、肌にやさしい成分のみを厳選して配合しております。

 

以下の成分を添加するデメリットをご案内させて頂きます。
ご参考にして頂けましたら幸いに存じます

 

 無着色
肌や粘膜に刺激となる可能性があるといわれている、
合成着色料は使用していません。 
※メイク品はタール系色素無添加
※タール系色素とは・・・ファンデーションや口紅、アイシャドウなど
一般的なメイク製品に使用されることがある石油を原料とした添加物です。
アレルギーや色素沈着、シミやくすみの原因になる可能性があると
言われております。
※ホットクレンジングゲルの色は、ニンジン根から抽出しております。

 

 

 合成香料無添加
肌に刺激やアレルギーの可能性があるといわれている、合成香料は
使用していません。
※ホットクレンジングゲルの香りは、柑橘類の果皮から抽出しております。

 

 

 無鉱物油
肌の刺激になる可能性があるといわれている、石油系の鉱物油は
使用していません。
※鉱物油とは・・・石油から作られエモリエント効果や肌の保護のために
化粧品に配合される油分です。鉱物油は種類や精製度の違いによって
肌に刺激を与える場合があると言われているため、マナラでは、
鉱物油は使用せず肌に優しい高品質の動植物オイルをバランス
よく配合しております。

 

 

 石油系界面活性剤無添加
皮膚のバリア機能を低下させるといわれている、石油系界面活性剤は
使用していません。
※マナラでは、肌へのやさしさを考え、植物由来の界面活性剤を
使用しています。

 

 

 エタノール無添加
揮発性が非常に高く、肌の乾燥を促進してしまう可能性のある、
エタノールは使用しておりません。

 

 

 パラベン無添加
パラベンはアレルギーを引き起こす危険性があるといわれておりますので、
マナラでは防腐剤は、フェノキシエタノールを配合しております。
※化粧品が、劣化した場合、それらを肌に使うことはとても危険と
私共は考えております。
そのため、化粧品を安全に安心してお使いいただけるよう、マナラでは、
フェノキシエタノールを製品の必要最低限の量(1%未満)を配合しています。

 

 

 紫外線吸収剤無添加
紫外線防止剤には、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の
二種類に分類できます。
「紫外線吸収剤」は、吸収剤そのものが紫外線を吸収し、肌への紫外線の
影響を防ぎます。紫外線を肌の上でいったん吸収し、化学変化を起こすため、
炎症やアレルギーを起こす可能性があると言われています。
「紫外線散乱剤」は、主に粉体で、肌表面に受ける紫外線を乱反射させて、
肌への紫外線の影響を防ぎます。紫外線を肌表面ではね返すため、
肌に負担がありません。

 

以上のことより、マナラホットクレンジングゲルは無添加で安心して使えるようになっていることが改めて理解できました。

 

敏感肌の私でも使うことができるくらい低刺激で肌に負担がかからないようにしてくれているのは嬉しいです♪